コラーゲンって何?

よく聞くコラーゲン。コラーゲンがどんなものか知っていますか?

コラーゲンはタンパク質の一種

コラーゲンはアミノ酸が結合して出来ているものです。

人体の中には、約10万個ものタンパク質が存在しています。

コラーゲンは、その30%を占める重要なタンパク質です。コラーゲンはあらゆる組織に存在しています。

特に、骨・皮膚・血管に多く含まれています。

肌の70%はコラーゲンで構成されていて、細胞と細胞のすき間をうめるように存在しています。

加齢や紫外線でコラーゲンは硬くなったり量が減ったりするのです。これが、肌のたるみやシワを作る原因になっています。

コラーゲンの体内含有量は20歳代までが最も多くそれ以降減少していきます。

40歳代ではコラーゲンの量が半分以下になるとまでいわれているのです。

コラーゲンが柔軟性を失ったことでシワが増えたりハリがなくなったり、関節や骨が痛みます。

老化を予防するためには、コラーゲンを補給して新陳代謝を促す必要があるようです。

コラーゲンは若さと健康の為に必要不可欠な栄養素です。

美チョコラ

コメントを残す